読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コトノココロ、コトの森。

      ~ Le Café Philosophique ~

テツガク通信 Vol.10 ~科学哲学? 2撰~

テツガク通信
新着ブログを講読する!

今日見たウェブサイトは…。

  1.  続・アリストテレスって、バカではないけれど…退屈?毎日新聞東京新聞
  2.  あの野矢茂樹さん?の後任??          東京大学 ウェブサイト>

 

1. 続・アリストテレスって、バカではないけれど…退屈?

 

 ↓ の続報っぽいモノ(上のタイトルは、著者のインタビュー内容から)。

 

 ・今週の本棚 海部宣男・評『科学の発見』=スティーヴン・ワインバーグ著

                    <毎日新聞、2016年6月26日 東京朝刊>

 

化学、生物学などは二等の科学

(このフレコミ…文藝春秋さんは、センセーショナルに売ろうとしているの?)

 

 大学や高校で科学史・一般科学を教える研究者・先生方には特に、非常に有用と思う。

 (ココで言う「研究者・先生方」って、「科学」系の「研究者・先生方」なのかしらん? 「科学史」の研究者は使わないと想うのですけれど…

 

 

 科学史の方は、どう言っておられるのかしら。<東京新聞 2016年6月19日>

 

物理中心主義、還元論万歳の確信犯によるだけに、一読して痛快……(略)……歴史的コンテキストの理解など知ったことか……(略)……歴史家から見て無理難題、無体な要請が本書の宝刀だ。

(科学者志望の若者には、刺激的なのかもしれませんけれども…科学史家としてのご意見は?? なぜナイのかしらん…金子さん…)

 

 …百聞ハ一見ニシカズ、かしら。

科学の発見

科学の発見

 

 

2. あの野矢茂樹さん?の後任??

 

 野矢茂樹さんと言えば…

哲学の謎 (講談社現代新書)

哲学の謎 (講談社現代新書)

 

 (ワタシでも、楽しく読めたかしら)

 

ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む (ちくま学芸文庫)

ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む (ちくま学芸文庫)

 

 (ウィトゲンシュタインを理解?した気分になれたり(笑) コノ本の元版は「哲学書房」さんでしたけれども…今年廃業されザンネン…〔ワタシがもっているのは、哲学書房版〕)

 

  ・哲学書房

  ・野矢茂樹 - Wikipedia

 

 野矢茂樹さんも、来年で65歳定年。

 それで?なのかしらん?

  ・東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻相関基礎科学系 准教授・講師 公募

 (応募資格が…「科学哲学」専門って…ダレになるのかしら)

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村


哲学・思想 ブログランキングへ

ブロトピ:今日の芸術・人文情報

広告を非表示にする